しおり駅

ホーム > 日常系 1作品目~10作品目 > 阿佐ヶ谷芸術高校 映像科へようこそ

『聲の形』以来の衝撃!!
阿佐ヶ谷芸術高校 映像科へようこそ

阿佐ヶ谷芸術高校 映像科へようこそ

しおり駅は単行本だけを紹介するつもりで作ったサイトでした。しかし、2017年の週刊少年ジャンプの2月13日号にとある読み切りが載っていました。

阿佐ヶ谷芸術高校 映像科へようこそ
原作:マツキタツヤ 漫画:宇城崎しろ

ストキンPro.の準キング受賞作品だそうです。ここ一、二年でこれを超える読み切りは思い出せません。この衝撃は週刊少年マガジンの聲の形以来でした。読み切り作品は必ずしも連載されるわけではありません。だから、『阿佐ヶ谷芸術高校 映像科へようこそ』には、もう二度と目にする機会がないかもしれない。今を逃したら読めないかもしれない。

まだ開設して間もないサイトです。見てる人は少ないし、紹介するのも遅かった。でも、もし興味を持ったらすぐにコンビニに行ってほしい。

そんな思いで、紹介します。




一言感想

『自分って何者なの?』という作者の強烈な主張が伝わった

あらすじ

阿佐ヶ谷芸術高校 映像科へようこそ
阿佐ヶ谷芸術高等学校は映像作家を始めとして多くのクリエーターを輩出してきた学校だ。そんな学校に本当に映画を撮りたいのか、それすらもわからない柊 雪(ひいらぎ ゆき)は、映画監督の黒山 墨字(くろやま すみじ)と出会う。柊は自分自身が空っぽだと悩むが、彼との出会いが柊の大きく変える。


起承転結が明瞭でわかりやすい

読み切りという性質上、連載よりは多いページだけど、そこに一つの物語を詰め込むとなると、これはとても少ない。たびたびジャンプやそのほかの雑誌にも読み切りは載るが、物足りない感じが否めない。


でも、この作品は違う。原作のマツキタツヤ先生の構成力が非常に上手い。


起:柊(主人公)が映画監督の黒山と出会う

承:「自分とは何なのか?」というのを見つめる

転:自分の映画を撮る

結:ひとりの映画監督になる


かなり単純化しているが、これが流れだ。これだけだと面白いのか面白くないのかはわからないと思う。(´;ω;`)ウゥゥ

だけど、原作者の主張がキャラを通して伝わってくる。映画とは何なのか。自分は何が好きで、何が嫌いで、何が許せないのか。空っぽだと思っても、自分の考えをちゃんと持っている。それを伝えるのが、映画なんだ。

就職活動に励む人は、自己分析のために読むのもありだろう。(ぼくも就活生だから、考えさせられた)



漫画は絵がうまいだけで引き込まれる!

阿佐ヶ谷芸術高校 映像科へようこそ

作画の宇佐崎しろ先生の絵が非常に上手い!まさに今風の絵柄で、絵に違和感を覚えない。内容と絵柄がマッチしていて、今がどういう場面なのか、主人公の心理状態はこういう風だ、というのが絵だけで伝わってくる。少ない文字数でも、それ以上の表現力で、読者に語り掛けてくる。

割と背景が白い場面が散見されるが、それは主人公が空っぽであることを間接的に表現していると、勝手に都合よく解釈している。コマ割りやカメラアングルも非常に工夫されていて、原作者の伝えようとしていることを、さらに増幅しているように感じた。



魅力的な1ページ


ネットで一枚の画像だけ見て、すぐにその漫画を買いに走ることがぼくは、よくある。完全にひとめぼれだ。この作品もそうだ。それに、感動ものの内容で、一枚のページだけでグッとくるものがあった。(´;ω;`)ウッ…


阿佐ヶ谷芸術高校 映像科へようこそ

もちろん、これに至るまでの流れも含めて、この画像の衝撃が薄れなかった。テレビでこんな風なドキュメンタリーはいくらでもやってる。でも、作り物臭くて、見てられない。

当たり前だけど、漫画だって作りものだ。ある意味ヤラセだ。でもヤラセじゃない。作者の本気が垣間見えるから、茶化すことすらできない。何も考えず、ページをめくり、あっという間の47ページだった。

凄まじい完成度だった。



終わりに

最初にも言ったけど、この作品は2017年2月現在、読み切りだ。今しか読めない。今後連載されるかもしれないし、されないかもしれない。

ぼく自身は連載してもらって、作者の主張をもっと聞きたい。この記事を読んで興味が出ていただけたなら、すぐに読んでほしい。残念ながらすでに読めないという人は、集英社に訴えかけて、連載させろ! と叫んでほしい。

2017年 冬 期待を込めて
しおり



このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人はコチラも見ています

最近一週間の人気記事はコチラ!

人気記事はコチラ!

  • 総合
  • バトル・シリアス
  • ラブコメ・ギャグ
  •   
  • 日常系
  • 小説

記事に対するコメントはコチラにどうぞ!

Comment Form is loading comments...
このサイトについて
アイコン
マンガや小説などの娯楽文化が好きな大学生です。
おすすめの書籍を記事にして皆様にお届けします。

ご質問等あればお気軽にどうぞ!

お問い合わせは⇒コチラ!
掲示板は⇒コチラ!
自己紹介は⇒コチラ!

サイト内検索
©Copyright しおり駅 All rights reserved.